多分わたしは詩や短歌をやるといいんだろうなぁ

自分には才能があるからやるべき! と大口をたたいているわけではなくって…

書くことは好きだけど好きじゃない部分もある

私が文章を書いたり言葉をいじるのがスキなのは確かなことだと思うんだけど、「書くことがすき」というわけではないんだよね。 というか、「書くことがすき」だと含まれていることが多すぎて、「私はそうじゃない」という部分もたくさんあるから違和感がある。

主張を伝える手段として好きなわけじゃなく、単語を選んだりリズムを整えたりする作業が好きなんだよね。なんなら、パーツは言葉でなくていいのかもしれない。(音とか描かれたものとか、そういうのでもいいのかも)

そこにじっくり取り組みたいなら、趣味として詩歌やエッセイをやるのが一番いいのかなと、やっと、最近気づいたんだよね。(遅くないか?) ツレヅレナルママニ…とノリで書いていくのもよし、伝えたいことをうまく表現してまとめるために設計図を引いてから書くのもよし、というふうにのびのび「書く」のが、私の行きたいになる、というか今までなってきていた……のではないかなと。

仕事として書くからこその楽しさもある

自分で言うのもなんだけど、私は、書くことについては割合と器用な方だと思う。語るようにして流動的に書いていく方法、論理構成を念頭に置いてプロットを作ってから詳しく書き進めていく方法、両方できる。

プロットを作ってから詰めてく方法でならお金をもらって仕事として制作・納品したこともあるから、こちらの方法はある程度「できる」と思ってるんだけども、そうして進めていくライターの仕事はけっこう楽しい。クライアントと一緒に商品の方向性を確認・相談し、微修正しながら(ときには大きい軌道修正もしながら)商品を作り上げていく面白さがある。

もっとも、「クライアントが喜んでくれる文章を納品できると嬉しい(そしてお金がもらえる)」という構造に納得できたのは割と最近のことで、以前は「私の文章力を認めてくれ! 納得したならお金を払ってくれ!」というような気持ちがつよくて、仕事と自己表現をわるいほうに混ぜてしまっていた。

どれのなにが楽しいのか

私がライターの仕事がわりと楽しいと感じるのは、その仕事―原稿という商品をつくる仕事―に含まれる工程のうち、複数が得意で楽しいと感じる作業だからだと考えてる。 というか、ゼロから企画を立てるところ以外はいずれも好き(だし、そんなに苦手じゃない)なんだよね、たぶん。

特に好きな「言葉を整える作業 」は、全行程のうち、さいごの1~2割くらい。 そのほか、企画を立てる工程(のうち一部)も楽しんでやってて、それは商品づくりの最初〜中間の3割くらいかな。 真ん中にあるのは、人と会う取材とか、文献に当たるとか、整える前のラフな文をざっと書くとか。 このなかだと、体力勝負の現地取材やトーク力が必要なインタビューは不得意と思っているから、得意な順で行くと

工程の最後 > 最初 > 中盤 という感じかなあ。

(だからフリーランスでやっていくのは、よほどパートナー・クライアントに恵まれないと難しいかなって思ってる。企画できるライターって重宝される一方、 リライト・推敲、校閲・校正は編集者さんがやることが多いし。)

※原稿をつくるの工程(とてもざっくり)

  • 企画
  • 構成
  • 取材
  • ラフ書き
  • 画像などの挿入
  • 推敲
  • 校正

得意なことを仕事にして、それを好きになると幸せそうじゃん? もともと好きなことは、下手でもいいから趣味として続けたらよくない?

コンプレックス解消を仕事に求めると、けっこうしんどそうって思う。たいてい、得意を生かした仕事をしていても、どこかしらで苦手な作業も出てくるから、いやでもそれを強化することになると思うんだよね。

それに、アウトプットのクオリティが高いほうが、稼げる可能性が高そうじゃん? あるいは、会社に所属して働くなら、うまくいけば、得意なことで成果を出してから、職を確保したまま仕事の範囲を広げていける可能性もあるし。

そんなわけで、割と得意なことをメイン業務とする定職について、好きなことを趣味でやろうとすると、

ふつうのOL + 詩歌系、エッセイ系の趣味

がいい塩梅かなと思う。

ということで、多分わたしは詩や短歌をやるといいんだろうなぁ。 とりあえず応募できるなにかがあるはずと思って調べてみたのでメモしておく。

www.takahashishoten.co.jp

Npo法人キャリア権推進ネットワーク ◆第7回「仕事のルビー 働くサファイア」募集開始しました ~2022年2月28日締切~ www.facebook.com

リハビリメモ

2022/01/17

朝:起きてから1時間半で身支度完了。

午前:机についてプライベートな作業をした。

2022/01/18

朝:起きてから1時間半で身支度完了。図書館へ。

午前:机について勉強

昼:少し買い物に出て、そのあと自宅でご飯

午後:机について勉強。飽きたのでPCを開いてリハビリメモ更新。その後PC作業など。

2022/01/19

リハビリおやすみ

2022/01/20

朝:のんびり起きた

午前:家事など

昼:デスクワーク(私服)

2022/01/21

リハビリおやすみ

社会復帰に向けてリハビリ

リハビリしてます

早起きして着替えて、電車に乗って会社まで生き、オフィスカジュアルの服装でデスクワークをする。

それが私にはすごく大変なことでして。今までふつうに通勤していた時期は、毎日、本当に頑張ってそれをこなしていた。

締め付けのきつい下着や洋服が苦手で、スーツを着て電車に乗ったりデスクワークしたりするのも、まじでしんどい。 朝ごはんを急いで食べるとお腹痛くなるし、会社の昼休みは昼食をとるには短すぎるし。 数分おきに電話が鳴るうるさいオフィスは窓が塞がれてて日が入らない。

いってみれば、衣食住、すべてに制約があるわけで、ふつうにしんどいでしょ。むしろ世の中の会社員はなんでそんなに平気なんだ…… 「もう会社員むり〜〜〜〜」って思ってたけど、また会社員をやろうとしてる。

正直、半分フリーランス的に働く道を選べば、在宅勤務 + (スーツほどかっちりしてない)私服での出勤・商談 でやっていけたと思うんだけど。 会社員という部族のルールに従って働いてみようと思ったので、今はそれに向けてリハビリしてる感じ。

それでも会社員に戻りたい理由

歯車的に働くことのメリットが、いまは、ほしいから。

上から要望や指示が来て、その実現に向けてえっちらおっちらやって評価を受ける、という仕事の仕方がしたい。 ゼロからの企画とか、クライアントを探し続けるとか、ちょっと疲れちゃった。

営業マンと企画職とクリエイターを兼任する働き方というのが、ちょっと無理そう。少なくとも今の私には。

個人で仕事を受けるとか、数人規模の会社で働くとかすると、やっぱり責任感がしんどいんだよね… 大きい規模の会社で働く場合ももちろん責任持って働くけどさ、

重さじゃなくて、責任感の種類のはなし。

一人でやってると、

上司の評価は微妙だったけど、ぶっちゃけクライアントにとってはこの対応がベストだったっしょ

とか、

クライアントは不服そうだったけど、上司の目から見てもあれは仕方ないとのことだったし、ドンマイ

みたいなのが、ない。そんな感じ。

稼ぎと日々の業務がダイレクトに結びついてることのプレッシャーに勝てないというか、その構図の中で失敗する怖さがすごいんだよな、多分…

案件の良し悪し --- 売上 --- 個人の収入

↑個人で仕事してると、この3つが直結してるしぜんぶ一人の責任じゃん…?

できるかな〜

以前は「スーツを着なくていいためなら営業でもなんでもやってやらぁ!」って思ってたけど、今は、スーツ着るほうが頑張れそう。 単純に、自分の調子とか考え方が数年かかって変化したんだろうなあ。

まずはリハビリがんばるぞ〜

年が明けて

少しずつ、地に足がついてきたかもしれない。

いや、ふつうに、この状況でよくやってるって。私。 仕事のトラブルも、あんなん事故にあったようなもので、とっとと治して次に行こうって感じ。 運良く仕事もあるんだし。ふつうに恵まれているのでは…?

しょぼい人生だと思ったとしても、それが幸せって思っていいんですよ〜 誰も咎めませんよ〜 というか。そんな感じ。 理想の人生はいくらでも妄想できるけど、なんにせよ、今と明日を生きていかないと理想もなにもないわけだし。

折り合いをつけるのを立派な選択の一つだよね。自分で決めたこと、誇りに思っていいと思う。 それになにも悪いことしてるわけじゃないし。

ほんと、この先、色々うまくいきますように。

お薬継続

通院日でした

体調や感じている気分などをお話したら、先生は「いい感じじゃないですか」と端的にコメントをくれた。

服薬を続けて、おやすみ期間も続けて。

ここから2週間は、前回と同じお薬を飲むことに。*1

一応、お薬を増やしてみて、少ない量での状況 or 増やした量での状況を比べてみましょう、ということになった。 副作用が出たり“効きすぎ”たりしたら、自分の判断で量をもとに戻してみてくださいとのこと。

今回は今までにも増して、自分の言葉できちんと自分の状態を話せた実感があった。そのうえで「こういう方針でやってみましょう」と説明して対処していただけるのは、ありがたい。安心感がある。

どうか、人生がうまいこと進んでいきますように。

あくまで日記

ところで、ここでの口調を「です・ます調」から言い切りのかたちに変えてみた。 こういった記録的なことも書くなら、やはり、自分が書きやすい自然な口調のほうが楽でいいなと思ってこうしてみた。微妙なニュアンスもなるべく残したいし、無理した口調じゃないほうがいいんじゃないかなと。

だれかに読んでもらうために書いてるものじゃないのだし、しばらくこの感じでやってみようと思う。

急にこう考えだしたのは、この本の影響もあるかも。

www.amazon.co.jp

まだ読み始めなのだけれど、なかなかいい感じの本。 ここでいう「マーケターのように」とは、とことん求められることありき・需要ありきで成果や価値を提供する といった意味合い。(私の解釈による)

いわばこの日記の逆というか。

個性を表現すること、やりたいことに向かってまっしぐらに突き進むこと、 今の時代でよいとされていることが出来なくても、人に必要とされる→応えるを繰り返していくと、結果的に評判がよくなり、個人として注目されるに至ることもありますよという感じ。最後まで読んで、また思うことがあったらここかどこかに感想でも書いておこうと思う。

いまこのタイミングで読んでいるというのも、何かのご縁だと思うから…。

*1:精神科・心療内科のお薬ということもあり、詳しくは書かない。自分でも変なバイアスがかかるのを防ぐため、薬の名前ででググるとかも極力避けている。先生からは「安定性のもの。(考えや行動が)クルクルまわるのをペースコントロールする感じ」と説明してもらった。たしかに、脳内での人生大懺悔反省会が開催されなくなった。薬のおかげもあるのかも。ありがたい。